CoreConsulting

美容室経営のコンサルティング
メールマガジン『美容室経営メルマガ講習会』第3号【メニューの専門化でサロンの「ウリ」をわかりやすくしましょう】

2007/12/20  カテゴリ:メールマガジン

メルマガバナー
美容室経営者向けメールマガジン読者募集中!くわしくはこちら。

2007年12月20日 第3号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       美容室経営者向けメールマガジン
       
      ?  ◆美容室経営メルマガ講習会◆

     コアコンサルティング http://ccnslt.com/wp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌───────────────────────────
│■ごあいさつ
└───────────────────────────

こんにちは、美容室経営のコンサルタント コアコンサルティ
ングの土田正憲(つちだ まさのり)です。

今日の『美容室経営メルマガ講習会』は、マーケティング編と
して、美容室の「メニュー戦略」についてとりあげます。

では、さっそく始めましょう!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ザ・美容室経営レッスン!【マーケティング編】  ━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
——————————————————–
【今日のポイント】

メニューの専門化でサロンの「ウリ」をわかりやすくしましょ

────────────────────────────

●美容室におけるメニュー戦略については、つぎの2つの方向
性があります。
 1.総合化
 2.専門化

●1つ目の総合化とは、メニューラインを広げていく方向性の
ことです。たとえば、基本メニューであるカット、パーマ、カ
ラー、トリートメントなどに、ヘッドスパやフェイシャル、ネ
イルなどのメニューを加えて幅を広げていくことをいいます。

●2つ目の専門化とは、メニューラインを広げずに特定のメニ
ューカテゴリーに特化し、そのカテゴリー内のメニューアイテ
ムを増やして深堀りしていく方向性のことです。

●多くの美容室は売り上げの維持・向上策の一つとして、メニ
ューの総合化を選択し、メニューラインを広げようとします。
これは、メニューラインを広げることによってお客さまの様々
なニーズに対応し、売り上げを維持・向上していこうという考
えにもとづいています。とりわけ、売り上げの伸びが鈍化して
いる美容室においてこの傾向がよくみられます。

●たしかに、メニューの総合化によってお客さまの様々なニー
ズに対応することは客単価の向上につながり、結果的に売り上
げの維持・向上を期待することができます。

●しかしその一方で、メニューの総合化には、つぎのような弊
害(デメリット)があります。

1.サロンの特徴が薄まり、「ウリ」がわかりにくくなる。
2.メニューラインの拡張にスタッフの技術(教育)など運営
  体制の整備が追いつかないと、お客さまの満足度が低下す
  る。

●当然ながら、上記のようなことが生じれば売り上げを維持・
向上するどころか集客力の低下や客離れが起き、逆に売り上げ
が減少してしまいます。

●そこで、このような事態を回避するには、「自サロンは、こ
こまでやって、これ以上はやらない」というような線引きが必
要となります。

●さらにいうと、サロンの特徴を強め、「ウリ」をわかりやす
くして集客力を高めていくのであれば、メニューの総合化より
も、専門化を選択することのほうが有効です。

●例をあげると、お客さまの持つ「キレイな髪でいたい」「髪
のダメージを補修したい」というニーズを徹底的に満たすため
に、トリートメントというメニューカテゴリーに特化し、その
カテゴリー内のメニューアイテムを増やして深堀りしていく、
ということです。もちろん、トリートメントだけでなく、カッ
トに特化することや、パーマやカラーに特化すること、もしく
は、ヘッドスパに特化することなども考えられるでしょう。

●このようにして、サロンの特徴を強めて「ウリ」をわかりや
すくし、集客力を高めていくのです。

●また、特定のメニューカテゴリーに特化するとスタッフの教
育をそこに集中させやすくなり、この分野の技術力が向上して、
お客さまの満足度向上が期待できるというメリットがあります。

●さらに、特化したメニューカテゴリーと関連する店販商品の
購入を誘発しやすくなり、店販商品の売り上げ向上が期待でき
るというメリットもあります。

●経営戦略上、メニューの総合化が有効となる場合もあります
が、多く美容室にとっては、限りある経営資源(ヒト、モノ、
カネなど)を有効的に活用できるメニューの専門化のほうが適
しているといえます。これは特に、中小規模の美容室にとって
あてはまることでしょう。

●もし、メニューラインを広げたものの、売り上げの維持・向
上に寄与していないようであれば、メニューの専門化によって
サロンの「ウリ」をわかりやすくすることを検討してみましょ
う。

●最後に、参考として、「トリートメント専門サロン」の事例
をご紹介します。メニューの専門化やお客さまのニーズを徹底
的に満たすという考え方、関連商品の販売などについて参考に
なる点がいくつもあります。無料で、しかも動画で見ることが
できますので、一度ご覧になることをおすすめします。下記の
URLをクリックしてください。

http://j-net21.smrj.go.jp/well/mirai/2006/05/post_81.php

━━━━━ おつかれ! 今日の講習会はここまで ━━━━

 次回のメルマガ講習会は12月31日(月)です。お楽しみに!
────────────────────────────
ご意見・ご感想はお気軽にメールでどうぞ。とりあげて欲しい
テーマなどでもOKです。
 → info@ccnslt.com

┌───────────────────────────
│■編集後記
└───────────────────────────

12月15日(土)・16日(日)の二日間、東京に出張してきまし
た。両日とも天気がよく、スカッ!と晴れ上がっていました。

雪国の新潟に住む私にとって、東京のあの青空はうらやましい
の一言です。

次回のメルマガは12月31日(月)の大晦日です。

今日はありがとうございました。
┌───────────────────────────
│■こちらもご覧ください
└───────────────────────────

 ■美容室経営のコンサルタント コアコンサルティング
  → http://ccnslt.com/wp/

 ■『美容室経営メルマガ講習会』バックナンバー
  → http://ccnslt.com/wp/?p=112

 ■美容室コンサルタントのブログノート
  → http://ccnslt.com/wp/?page_id=4

 ■24時間以内に返信する「無料メール相談」受付中!
  → http://ccnslt.com/advice.html

 ■美容室経営のヒントをブログ形式で公開中!
  → http://ccnslt.com/wp/?cat=3
┌───────────────────────────
│■発行者
└───────────────────────────

 ■美容室経営のコンサルタント コアコンサルティング
  日本商工会議所認定一級販売士 土田正憲
  → http://ccnslt.com/wp/
────────────────────────────
 ■購読解除はこちらからどうぞhttp://ccnslt.com/wp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは、お友達やお知り合いへの転送は自由で
す。Copyright(c)2007 土田正憲

メルマガバナー
美容室経営者向けメールマガジン読者募集中!くわしくはこちら。


 

コメント