CoreConsulting

美容室経営のコンサルティング
新潟県で唯一のライブ授業、中小企業診断士1次試験対策講座を開講します

2018/09/23  カテゴリ:情報提供

今回はお知らせです。

新潟県中小企業診断士協会は、今年度も中小企業診断士1次試験対策講座を開講します。

 

  • 新潟県で唯一のライブ授業
  • インプットを中心にしつつも答案練習も充実
  • 現役診断士による独自カリキュラム

 

以上の3つが特徴です。

詳細は以下のURLからご確認ください。ご興味のある方はぜひ。

■中小企業診断士1次試験対策講座
https://www.n-smeca.jp/%E8%A8%BA%E6%96%AD%E5%A3%AB%E5%8F%97%E9%A8%93%E8%AC%9B%E5%BA%A7/



事業承継・後継者サテライトゼミナール第2回が終了、両毛線に揺られて

2018/09/19  カテゴリ:事業承継

中小企業大学校東京校の「事業承継・後継者サテライトゼミナール」の第2回が終了した。

 

今回のテーマは「変革」。このテーマを設定した目的は、潰さないことは当然として、持続的に会社を成長させるために、社長は経営革新に取り組んでいかなければらないこと。また、経営は対外的な事業活動ということを理解していただくことである。

 

終日の研修だが、あっという間だった。ゼミナールも残すところあと1回。次回が楽しみである。

 

 

前回の講義のことを桐生タイムスに取り上げていただいた。感謝。

 

桐生駅と会場である桐生商工会議所間の徒歩往復2キロは日ごろの運動不足の解消に少しは寄与したか!心地よい疲労感を味わいながら両毛線に揺られて高崎に向かう。



中小企業診断士と中小企業診断士になりたい人が集まった

2018/09/16  カテゴリ:コンサル日誌

買物調査、家計調査、店舗調査等々。資料とにらめっこしている。企業再生支援にかかる調査・分析である。調査・分析はあれもこれもやるのではなく、意味ある、しかもシンプルで経営者にとってわかりやすいものでなければならない。それには仮説を立てることが必要だ。

閑話休題。

昨日は、中小企業診断士と中小企業診断士になりたい人が集まり情報交換会を行った。新潟県中小企業診断士協会の研究会としての取り組みである。
中小企業診断士になりたい人とは、受験勉強をされている方、またはこれから受験を目指す方のこと。予想していたよりもたくさん集まり、大変うれしく思っている。弊社のスタッフも1名参加した。

情報交換会とその後の懇親会でいろいろと話をしたところ、診断士になったとしても仕事はあるものなのか?という疑問(不安?)をもたられている受験生が多いと感じた。もっともな疑問だと思う。中小企業診断士は国家資格であるものの、税理士や社会保険労務士などと違って独占業務がないことから、しばしば「足の裏の米粒」と揶揄され、資格を取っても食えないといわれるからだ。これ関しては私からありのままを話した。結論としては、「足の裏の米粒」と揶揄されるような資格ではない、ということである。

今後が楽しみだ。中小企業診断士の仲間、そして協会会員としての輪をどんどん広げていきたい。



事業承継・後継者ゼミナールがスタート

2018/09/11  カテゴリ:事業承継

中小企業大学校東京校のサテライトゼミ「事業承継・後継者ゼミナール」がスタートした。

 

会場は桐生商工会議所。前泊して講義に臨んだ。

 

今回の内容は変革力と決断力について。この2つに論点を絞り込んだ。私が特に重要だと考えている社長が持つべき力である。

 


私が代表をしている㈱にいがた事業承継サポート室として登壇

 

講義終了後、何人かの受講生と話をした。中には会社を引き継ぐことにプレッシャーを感じている様子がうかがえる方もいた。また、青年会議所についての話もあった。これに関しては私の経験から青年会議所をどのように活かしていくべきかアドバイスをさせていただいた。さらには事業承継を機に雇ったコンサルタントに関する話もあり。

 

みんな不安のあるなかで真剣に事業承継、そして自社のことを考えている。話をしていてそう強く感じた。次回は経営革新がテーマ。真剣に講義に臨む。



自然の中で悠々と羽ばたくトキが見たい

2018/09/10  カテゴリ:コンサル日誌

先週木曜日のこと。久しぶりに佐渡だった。久しぶりといっても1か月半ぶりなのだが。

 

新規の経営相談。事前に直近3期の決算書と申告書をご提供いただいため、根本的な問題の把握は比較的容易だった。

 

相談後は船の出航時間に余裕があったのでトキの森公園まで足をのばした。

 

 

帰り。両津港で知り合いの社長とばったり。「今日はすごくいっぱいトキが飛んでいた」と社長は言う。それを聞き、自然の中で悠々と羽ばたくトキが見たい、と思った。



長女を送り、藝祭2018へ

2018/09/9  カテゴリ:プライベート日記

昨日は家族で、帰省していた長女を埼玉に送ってきた。長女と2週間一緒に過ごすのは中学校を卒業してから初めてのこと。大学生活もあとわずか。健康に留意してがんばってほしい。

 

長女を送ることもあったが、一年前に子どもたちと交わした約束を守った。約束とは東京藝術大学の藝祭に行くこと。ということで、埼玉のアパートに寄った後、すぐに上野に向かった。

 

藝祭は2日目。賑わっていた。精妙かつダイナミックな作品に圧倒されつつ構内を歩いていると露店から美しい歌声が聞こえてくる。いかにも藝大らしい。個人的には曇ヶ原というバンドがよかった。

 

上野公園で開催されている藝祭アートマーケット。探しているが好みのものがないと言ってボロボロのiPhoneケースを使い続けていた次女がアートマーケットで購入。こだわりが強い子なので買った時は少し驚いた。デザインに惹かれたらしい。

 

 

あっという間に時は過ぎ。16時半には帰路に着いた。日帰り車での旅はなかなか充実したものだった。



ここ最近感じることとして

2018/09/8  カテゴリ:事業承継

昨日は小千谷商工会議所様で事業承継セミナーの講師をさせていただいた。内容は入門セミナーということで基本的なことを。ただし論点は明確に。まずは中小企業における事業承継のポイントを示したうえで、それについて説明するという流れで話を進めた。事業承継は税金や法律、労務など多岐にわたる対応が求められるが、今回のセミナーでは特に重要なことに絞り込んだ。そのほうがわかりやすく、行動に移しやすいからだ。しかし、ブラッシュアップは不可欠。さらにわかりやすいセミナーとなるように改善していきたい。

 

講義の後、経営指導員と市・商工課の方とで少し情報交換をした。お二人とも小千谷市内の企業における円滑な事業承継の実現に向けて懸命に取り組んでおられる。話をしながら私も事業承継支援に関わっていく決意をあらたにした。

 

今回のセミナーとここ最近の相談から感じることとして、事業承継税制に興味を示す社長が多いことがあげられる。抜本的に改正が行われたという情報を得て、顧問税理士に相談しつつもセカンドオピニオン的に相談に来られた方もいた。社長を対象とした"極めてわかりやすい"事業承継税制のセミナーの必要性を感じた次第である。

 


私が代表をしている㈱にいがた事業承継サポート室として登壇。



高まる士気、”お陰”さまに感謝したい

2018/08/25  カテゴリ:雑感


東堀通の駐車場から見えたNEXT21。
昨日、45歳の誕生日を迎えることができた。”お陰”さまに感謝したい。これからの私の人生、尖っていきたいとも思いつつ・・・。

 

閑話休題。

 

昨日は、昨年アメリカに一緒に行った方たちと新潟・古町で飲んだ。サンフランシスコにある日本人の女性が営むカラオケバーで大いに盛り上がったことがきっけで、その後はグループLINEでやりとりし、たまに集まって飲んでいる。

 

皆さん”元気な社長!”で、そのパワーは凄まじく、受ける刺激は大きい。企業経営のことはもとより、投資に対する考え方や世の中の見方にはついてはとりわけ勉強になる。共通することは、高い行動力。そしてそれによって得られる情報の質が高いことである。社長も元気、会社も元気という理由がわかる。そうそう、酒の飲み方や遊び方についても教わることは多い。

 

会が終わってホテルの部屋に着いたとき、自身の士気の高まりに気づく。まだまだやれることはある!

 

このような機会をいただいたのはご縁あってのこと。これもまた”お陰”さまに感謝したい



事業承継支援に携われることに感謝したい

2018/08/19  カテゴリ:事業承継

「危険な暑さ」という言葉が頻繁に使われたこの夏も、お盆が過ぎでからは急に朝晩涼しくなり、今日は日中30度まで気温が上がったものの、すっきりととした秋の匂いを感じる陽気となった。

 

先週木曜日。7月から4回にわたって開催された商工会・商工会議所の経営指導員向け事業承継研修が終わった。

 

研修内容は、事業承継の基礎知識と相談対応、相談のロープレという構成。基礎知識については適切な専門家に橋渡しすることも経営指導員の役割であることを踏まえつつ、特に重要なポイントに絞り込んで講義を進めた。この中には事業承継税制と経営者保証ガイドラインも盛り込んでいる。

 

7/3のブログにも記したが、潜在的な事業承継の支援案件は非常に多い。今回の研修は新潟県内における事業承継の支援体制の構築とともに、支援案件の顕在化に向けた大きな一歩。私としては今後も可能なかぎり協力させていただきたいと考えている。受講された経営指導員の方々をはじめ関係各位に感謝申し上げたい。



心と体のリフレッシュ

2018/08/17  カテゴリ:プライベート日記

8月13日から15日まで夏季休暇をいただいて家族で過ごした。

 

東京、横浜、そして江の島へ。

都内でゲリラ豪雨のような強い雨に打たれたものの、これは一時的なもので、それ以外は晴れて暑く、夏らしい天気だった。

 

 
スカイツリーが見えるとよろこぶ私。

 


さぼうるとさぼうる2へ。穴蔵に入ったような感じと昭和な雰囲気が魅力的。コーヒーはカップの温度がちょうどいい。

 


今年もピカチュウが大量発生。しかし、昨年、一昨年よりも激減したようだ。

 


江の島まで足をのばす。一軒目の店で「今日は漁師さんが休みなので生しらすはない」と言われ。釜揚げしらすがあまりにもうまくておどろいた。運よく店を出たとこで生しらすを堪能することができた。最後の一つだった。強い風。この風がウィンドサーフィンに向いているのだろう。

 


絵になる。魅力的だ。

 


大観覧車コスモクロック21に挑戦。


観覧車からの眺めは絶景。

 


BGMが流れる汽車道。Wi-Fiがあること知り、接続を試みるもつながらず。

 


ありあけハーバー。アンクルトリスの柳原良平氏?

 


ここは別の機会で訪れたい。

 

宇宙飛行士の若田光一氏は、著書「一瞬で判断する力 私が宇宙飛行士として磨いた7つのスキル」で、ストレスを自覚せずに走りっぱなし頑張りっぱなしになるとそのリバウンドは大きい。そこで「心と体のリフレッシュ」が必要だといっている。今回の夏季休暇では心のリフレッシュはもちろん、徒歩中心の行動は疲れるどころか体のリフレッシュになり、ストレスから解放された!

 

こうやって家族一緒に旅行ができることに感謝したい。