CoreConsulting

美容室経営のコンサルティング

 雑感 Archives

事業承継と経営革新・第二創業、そして補助金

2017/05/5  カテゴリ:雑感, 事業承継, プライベート日記

成人式を終え、昨日、長女が帰りました。両親が娘の振袖姿を見てとてもよろこんでいました。少しは親孝行ができたのでしょうか?なにはともあれ、無事に終えることができてほっとしています。

 

こんにちは。コアコンサルティングの土田正憲です。

 

ゴールデンウィーク。こどもの日の今日は自宅で執筆です。まずは商工連ニュースに掲載される記事の骨子づくり。テーマが事業承継計画と私の専門分野であることから書きたいことがたくさんありすぎて困っています。だからこそ骨子を組み立てることが大事になるわけですが。

 

ところで、5月1日に中小企業庁から事業承継補助金の概要が公表されました。ゴールデンウィーク明けの5月8日から公募予定となっています。

○中小企業ホームページ「平成29年度予算「事業承継補助金」の概要を公表します」
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2017/170501shoukei.htm

 

この事業承継補助金、これまでの第二創業補助金をリニューアルしたものです。第二創業補助金は事業転換と廃業が対象となっていました。しかし、このたびのリニューアルによって経営革新も対象となります。具体的には、新商品、新分野進出などによる市場創出や新市場開拓、新規設備導入による生産性向上などの取り組みです。

 

事業承継後に経営革新に取り組んだ企業の多くは業績を改善させています。下のグラフは、2015年版小規模企業白書に掲載されたものですが、これを見ると経営革新に取り組んだ企業と取り組まなかった企業の業績に大きな差があることがわかります。

 

 

事業を継続させる。そのためには、中小企業・小規模事業者は経営革新や第二創業に取り組む必要があります。なぜなら、どんなにしっかりとしたビジネスモデルでも永遠にはもたないからです。また、多くの中小企業・小規模事業者は1つの事業で活動していることもあります。外部環境は常に変化しているため、事業を継続させるためには新たな取り組み、つまり経営革新や第二創業が不可欠なのです。また、社長の若返りである事業承継は経営革新・第二創業を行う絶好のタイミングです。このことは上のグラフを見ても明らかです。しかしながら、経営革新や第二創業に取り組むとなるとお金がかかります。その点、このたびの事業承継補助金は補助対象事業が経営革新にまで拡大されて使い勝手が良くなっていますので、積極的に活用することをおすすめします。ちなみに、事業承継補助金のみならず、小規模事業者であれば、小規模事業者持続化補助金も経営革新・第二創業に使えます。この補助金は販路開拓が目的となっていますが、それが新商品の開発、新市場の開拓、新分野進出などによるものであれば、これも経営革新・第二創業となります。さらに、現在公募中である小規模事業者持続化補助金は、代表者が60歳以上で、かつ後継者候補が中心となって補助事業を実施すると審査で加点されます。このようなこともあり、この補助金も事業承継における経営革新・第二創業に積極的に活用することをおすすめします。なお、先日この補助金の活用を支援した事業者では、後継者候補が中心となって実施することになりました。

 

少し話が長くなってしまいました。参考までに経営革新・第二創業の方向性について示した資料を載せておきます。自社の経営資源(強みと弱み)と外部環境(機会と脅威)を踏まえて、何ができるのかを考えながら方向性を検討してみてください。

 

 

さて、これから昼食をとって、午後は研修資料づくりに勤しみます。

仕事を、そして今後の事業展開を楽しむ

2017/04/2  カテゴリ:雑感, 事業承継, コンサル日誌

コアコンサルティングの土田正憲です。

 

今日は終日書く仕事。シラバスづくりと原稿の執筆です。

 

20170402

 

この4月から長岡市にある悠久山栄養調理専門学校で講師として登壇することになりました。教科は「フードビジネス」です。これまで携わってきた創業支援の経験が生かせることもあり、お引き受けしました。

 

今、このシラバスを作っています。作っているといってもほぼ完成していて、あとは全体調整と最終チェックだけ。ただ、セミナーや研修の講師の経験はそれなりにあるのですが、学生に教えることは初めてなので、まずはどうやってフードビジネスに興味をもってもらうか楽しみながらいろいろ思案しています。

 

そして午後は、依頼されている、事業承継計画に関する原稿の執筆。これも楽しみで楽しみで。このような仕事をいただけることに本当に感謝しています。

 

さて、明日、私が代表をしている(株)にいがた事業承継サポート室にスタッフが正社員として入社します。これまで私を含めた3名の役員とパートナーコンサルの4名で支援にあたってきましたが、より円滑な支援を提供するためにスタッフを雇うことにしました。このたび入社してくれた斉藤さんに私は期待しています。そしてなにより今後の事業展開が楽しみです。

赤ポチが届く。が、しかし・・・。

2016/03/8  カテゴリ:雑感

s_20160308

 

届きました。トラックポイント(赤ポチ)のキャップが。

過剰包装?の梱包材を開けると、中から3種の6つのキャップが現れました。しかし、ここでトラブルといいましょうか、何といいましょうか。

これまで使っていたキャップよりも明らかに背が高いのです。どうした!と面喰いながらしぶしぶ取り付けてみましたが、やはり背が高い。ディスプレイとキーボードと合せるとキャップがディスプレイ画面を押し付ける。ソフトリム(上の写真の右から2と3番目)なんぞは3種類のうちもっとも長身で、その風貌から肩幅の広いベテルギウスに見えます。こんなものなのでしょうか・・・。しばらく考えさせられましたが、答えは出るものではなく。仕方なくお目当てだったソフトリムは使わず、これまで使っていたソフトドーム(上の写真の左側の3つ)とクラシックドーム(上の写真の右から1と2番目)を使うことにしました。

おそらくこのサイズは、現行のアイソレーションタイプのキーボードではなく、以前のタイプに合うものではないでしょうか?

研修スタート、一方で新潟市内は雪で混雑

2016/01/12  カテゴリ:雑感

s_IMG_0449

 

今日から商工会・商工会議所の経営指導員向けの研修がスタートした。5日間にわたって企業診断について講義する。4名の受講生のうち2名がかつて中小企業大学校において経営診断基礎の受講生だった。久しぶりに会えるのはうれしいものだ。

ところで、今日の新潟市内は雪で混雑していた。雪の多い長岡・栃尾に住む感覚では考えられないことが新潟市では起こることをあらためて理解した。学習し、それを実行に生かさなければならない。反省している。ただその一方で、懇親会後、弊社取締役と話すことができたことはよかった。ベクトル合わせの大切さを実感した次第である。

吉報あり

2016/01/10  カテゴリ:雑感, コンサル日誌

IMG_0446

 

妻がサプリメントを買ってきた。私に飲めと言う。どういうことかと尋ねると、イビキが理由だそうだ。???それって、スプレー式の「イビキスト」のことなのでは?まあ、あまり深く考えないことにしよう。ただ、イビキは夫婦の間に溝を作るらしいのでそれだけは十分に気をつけねば。

 

さて、以前のブログに、昨年、中小企業診断士試験対策講座の講師をさせていただいたことを書いた。その受講生だった方から、昨日、2次口述試験に合格したというメールが届いた。吉報である。大変うれしく、返信メールを送った。2次試験講座も2コマ担当したが、これがなかなかおもしろかった。過去問を解いたうえで問題を分析してみると与件文と設問の関係がよくわかる。むしろ問題の構造を分析することのほうに興味があるかも?それはそうと、今年は3月に1次試験試験対策として「中小企業経営・中小企業政策」を担当する。そろそろ準備を始めなければならない。

東京タワーに力強さを感じ、多くの方から刺激を受ける

2016/01/10  カテゴリ:雑感, コンサル日誌

長岡に帰還。日付けが変わったので昨日ということになるが、夕方から東京で新年会だった。会場は東京タワーのすぐそば。やっぱりいい、東京タワーは。力強さを感じる。それでいてライティングが美しい。なんと魅力的なのか。スカイツリーも繊細な施しがすばらしいが、私としては東京タワーのほうが好きだ。まあ、別にくらべる必要はないのだが。

 

新年会ではラフネット生命保険(株)の出口治明氏にお会いし、名刺交換させていただいた。出口氏は新年会の前に行われたセミナーの講師を務められていた。といっても、午後2時半すぎまで新潟市内で診断士協会の理事ミーティングがあったことから今回は聴講することはできなかった。出口氏の著書を読んでいる私にとっては何とも残念だったが、これは仕方ない。新年会でお会いし、名刺交換できたことだけでも幸せと思っている。

ところで、私はしばしば東京に行く。するとたくさんの方にお会いする。そしてその方々から刺激をもらうことができる。するとさまざまなアイデアが浮かんでくる。仕事のアイデアもあれば、それ以外のことも。これは非常に有益なことだと思う。あとは私自身がどう行動に移していくかだ。

さて、夜は更けた。尻切れトンボのブログとなってしまったが、今日も早いのでこのへんで。

パンツの穴?と診断士協会の事業

2016/01/6  カテゴリ:雑感

IMG_1012

 

 

今日、クリーニング店から電話があった。昨日スーツのクリーニングを依頼したが、パンツに切れている箇所があり、クリーニングするとさらにそれが大きくなるかもしれないのでどうするか?ということだった。当然のことながらクリーニングしないで戻してほしいと伝えたが、問題はこれまで全く気づかなかったことだ。何も気づかずに仕事をしていたかと思うとちと恥ずかしい。まあ、恥ずかしいけれども、クリーニング店はそういったことを気づかせてくれる役割を担っているんだと思った。というのも、昨日、私の前にいたお客も店員から同じようなことを言われていたからだ。ということで、スーツはこれまでよりもこまめにクリーニングに出したいと思う。清潔面からも好ましいのですし。

 

閑話休題。来週の火曜日から商工会・商工会議所で活躍する経営指導員向けの研修が始まる。講師を担当するのは昨年に続いて2回目。昨年担当したのは創業支援の講義だったが、今回は企業診断についての講義である。今日、その資料を作り、先ほど講師陣にメールした。この研修は診断士協会で受託している仕事(事業)である。滞りなく確実にやり遂げなければならない。またその一方で、ご自身の仕事が忙しいにもかかわらず診断士協会の事業構築に協力してくださる会員の先生がいる。私は診断協会の役員として、おこがましくも本当に感謝している。かくいう私も真剣に取り組まなければならない。

活動的な長女。その一方で私は・・・

2016/01/4  カテゴリ:雑感

s_IMG_1009

 

長女が帰ってきた。長女は小さい頃から菓子作りが大好きで、今でもひとり暮らしをするアパートでよく作っているそうだ。そんなことからか、今日はプリンを作ったとのこと。さっそく夕食後に食べてみたところなかなか美味だった。

 

菓子作りのほかにも長女は絵を描くことが大好きで、これに関してはかなり情熱を注いでる。そのさまは活動的であり、正直うらやましく思う。

 

一方、私はどうだろう?

 

活動的に行動することが大事だと言い続け、自分もそう心がけてきた。しかし客観的に今の自分を見ると、ここ数年、徐々に弱くなってきていると感じる。だから、今年は活動的に、そして行動を重視していこうと思う。プリンを食べながらそう考えた。

自筆証書遺言の書式を見直す議論が進んでいます

2015/12/27  カテゴリ:雑感, 事業承継

s_IMG_1006

 

今朝の新潟日報に自筆証書遺言の書式を見直しているという記事が載っていました。終活ブームで遺言の利用が増加しているなか、民法が定める自筆証書遺言の書式があまりにも厳格との指摘があり、これを受けて法制審議会が議論を進めているということです。

事業承継の支援においても遺言作成について助言する場合はあります。その際、自筆証書遺言は要件を満たさないと無効になる可能性が大きいため、費用はかかりますが公正証書遺言の利用を進めるケースが多いです。

記事を読むと、自筆証書遺言の書式の簡略化を求める声がある一方で、偽造や作成者の意思に反した内容に改ざんされることを防ぐには限定的な見直しにしたほうがよいという声もあるようです。今後1年以上をかけて議論する見通しということですが、推移を見守りたいと思います。

人頼りの生き方から脱却する

2015/12/25  カテゴリ:雑感

s_IMG_0434

 

12/22から12/23にかけて秋田出張でした。ご縁あって先月から秋田県内の企業を支援させていただいています。これについては以前にもブログに書いておりますのでこのへんで。

 

上の写真は12/23朝の秋田市。空は曇っていますが、清々しい朝で、ホテルから秋田駅に向かう途中、「やっぱり部屋に籠ってばかりじゃ心も体もダメになるなぁ」なんてことを考えながら歩いていました。事務所籠りの運動不足だからこその発想ですね。

 

話は変わって、すでに取り組んではいるのですが、来年は「人頼りの生き方」から完全に脱却することを最大の目標にすることにしました。そうしなければ自分のこれからがない、なくなってしまうと思うからです。自覚していなかったが「人頼りの生き方」をしている。ようやく気づくことができました。「気づくのが遅いよ!」と言われるかもしれませんが、何と言われようともこれから完全に脱却します。