CoreConsulting

美容室経営のコンサルティング
「売上好調の美容室」と「売上不振の美容室」の違い

2007/11/4  カテゴリ:美容室の経営全般

メルマガバナー
勉強熱心な美容室経営者様向けメールマガジン「美容室経営メルマガ講習会」に、ぜひご登録ください。
読者登録はこちらから?

コアコンサルティングの土田正憲です。

今日は、「売上好調の美容室」と「売上不振の美容室」の違いについてお話します。?

昨今、美容室にとって、持続的に売上げを伸ばすのは容易なことではありません。

総務省「サービス業基本調査報告」によると、美容室1事業所あたりの売上高は、平成11年まで増加傾向にあり、好調に推移していました。しかし、平成16年からは減少傾向に転じ、厳しい状況となっています。

多くの美容室においては、「前年の売上げをクリアすることが難しい」というのが実感なのではないでしょうか?

しかし、このような厳しい状況の中にあって、持続的に売上げを伸ばしている美容室が存在することも事実です。

では、持続的に売上げを伸ばしている美容室、つまり「売上好調の美容室」と、前年の売上げをクリアするのが厳しい美容室、つまり「売上不振の美容室」の違いは何なのでしょうか?

下の表は、コアコンサルティングが美容室のコンサルティング経験をもとに、客観的な視点から作成した、「売上好調の美容室」と「売上不振の美容室」の比較表です。

もちろん、美容室によって細かい部分に違いはありますが、概ね「売上好調の美容室」と「売上不振の美容室」には、下の表に示したような違いが見られます。

「売上好調の美容室」と「売上不振の美容室」の違い
▲「売上好調の美容室」と「売上不振の美容室」の比較表
  (ここをクリックするとPDFファイルが開きます。プリントアウトしてご覧ください。

このように表にして「売上好調の美容室」と「売上不振の美容室」を比べてみると、両者の違いがよくわかります。

その違いは決して特別なものではなく、「売上好調の美容室」は、当たり前のことに、しっかりと取り組んでいる、ということに気づかされます。

自店について、上の表の各項目ごとに比べてみてください。
美容室経営における”気づき”が得られると思います。

メルマガバナー
勉強熱心な美容室経営者様向けメールマガジン「美容室経営メルマガ講習会」に、ぜひご登録ください。
読者登録はこちらから

 コメント

  1. ゲスト

    kininarimasu!

  2. 原 憲司

    大変参考になります。
    ありがとうございます。

  3. admin

    原 憲司さま

    コアコンサルティングの土田正憲です。

    コメントありがとうございます!どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。


 

コメント