CoreConsulting

美容室経営のコンサルティング

 コンサル日誌 Archives

2回目の資格更新。そして。

2018/05/31  カテゴリ:コンサル日誌

自社株を集約する。分散に至った経緯や株主の構成。そして社長の思い。法律の観点だけでなく、そこには湿り気というか、極めて人間的な事情を理解したうえでの助言が求められる。そんなことを思った事業承継相談でした。

 

コアコンサルティングの土田正憲です。

 

4月に2回目の中小企業診断士資格の更新を終えました。

そして、先週の土曜日。定時社員総会並びに理事会を経て、(一社)新潟県中小企業診断士協会の会長を拝命いたしました。このような大役を仰せつかり、身の引き締まる思いがいたします。私ができることを精一杯やる。行動をもって示します。

鬼太鼓と海。念願かなって佐渡に一泊。

2018/05/3  カテゴリ:コンサル日誌

先週、経営支援で佐渡に行ってきました。新潟港から両津港までジェットフォイルで1時間5分。佐渡には年に数回行っていますが、泊まることはない。機会があるなら泊りたいと思っていたところ、ありがたいことに酒席にお誘いいただいたことからその念願がかないました。ちなみに、小さい頃に家族で泊まったようですが物心つく前で記憶がありません。

 


ちょうどこの日は佐和田の万燈まつり。以前から見たかった鬼太鼓を見られたことはラッキーでした。

 

 
宿泊は浦島で。部屋はきれいで、ゆっくりと流れるBGMを聞きながら朝食を味わいました。

 

 
朝食のあとの散歩。やっぱり海はいいですね。「このまま佐渡観光に行けたら最高」なんて考えながらしばらくボーっと海を眺めていました。

 

佐和田から両津港までは路線バスで移動。佐渡は路線バスでの移動がおすすめです。地元の人たちの普段の生活が垣間見れるところがいい。いつか妻と一緒に路線バスを使ってゆっくりと島内を回りたいと思います。

夏までしばらく佐渡に通います。

近況を

2018/04/7  カテゴリ:コンサル日誌

入学式前に引っ越した次女が昨日、帰ってきました。引っ越した日は前日から仕事でホテルに泊まっていたので娘に会えずに少しさみしい気持ちもありましたが、LINEから楽しそうな様子が伝わってきたためなんてことはありません。インターネットは便利ですね。特にLINEには感謝しています。というのも、LINEだと娘も会話してくれるから!

 

承諾書に署名しました。お陰さまで今年度も長岡市にある悠久山栄養調理専門学校のフードビジネスの授業で登壇します。昨年、予想はしていたものの、初めての授業で学生との世代ギャップを感じ、どのよう進めていくべきか意外にも結構悩みました。1年間授業を経験し、世代ギャップに慣れたいま、来週水曜日からスタートする授業が楽しみでなりません。今年度は「学生はまずは就職する」ということを前提にして飲食店の経営について教えていく予定です。

 

さて、今日は夕方から新潟県弁護士会の新役員披露会兼名刺交換会に出席します。新潟県診断士協会の仕事です。久しぶりに信越線で新潟市に向かいます。読みたい本もあり、考えたいこともあり。電車での移動もなかなかいいもの。もう少ししたら家を出ます。

事例研究から経営幹部の職務と役割を学ぶ

2018/03/20  カテゴリ:コンサル日誌

先週のこと。きらやか銀行 新発田支店様が開催する経営幹部研修で講師をさせていただきました。

 

担当テーマは「経営幹部の職務と役割」。内容は、標題にある経営幹部の職務と役割のほか、リーダーシップとマネジメント、組織運営の基礎知識を1時間かけて講義した後、2時間のグループワークで理解を深めていただきました。グループワークは課題本「八甲田山死の彷徨」の事例研究です。雪中行軍を成し遂げた弘前第31連隊と多数の犠牲者を出した青森第5連隊。この対照的な両者について議論し合い、リーダーシップと組織運営のあり方を学び、そして自身がこれからやるべきことを考えました。

 

「八甲田山死の彷徨」。実はこの本を課題本として使うことを私にすすめてくれた方がいます。今はその方に大変感謝しています。言わずと知れた新田次郎の名著であり、リーダーシップと組織運営を学ぶには最適な本です。ちなみに、私が愛読する「孫子」を学ぶうえでも役に立つのですが。いずれにせよ、読み物としても大変すばらしい本なので一読をおすすめします。

 

DXmM4g9VAAEiuT8

 

経営環境が激しく変化する昨今、社長と伴走する経営幹部の役割は増大しています。このような背景からか、昨年は長岡商工会議所様が開催する経営幹部スクールで総合コーディネーター兼講師をやらせていただいたのですが、定員を超える方が受講されました。今年も同スクールが動き出します。受講生と真剣に向き合い、研修を実のあるものにします。

経営幹部スクールで孫子の兵法を話す

2018/02/9  カテゴリ:コンサル日誌

昨日は、長岡商工会議所「経営幹部スクール」の同期会で孫子の兵法について話をさせていただいた。同期会といっても単に酒を飲むだけでなく勉強もやるぞ!ということなのです。

 

私が「孫子、孫子」と言うようになって10年以上が経つ。最初に孫子を読んだときは、正直、何を言いたいのかよくわからなかった。でも、今は違う。処世術として大いに役立つものだと実感している。勉強会では、現在かなりの種類の孫子が書籍として出回っているが、読みやすいものを選ぶよう話をした。私も孫子だけで10冊以上の本を持っている。もっと深く勉強したいという気持ちがあるからだ。でも、実践しなければまったく意味がない。実践することでその本質がわかる。孫子を読むとともに人間観察から始めることが私のおすすめである。

 

勉強会後の飲み会はすごく楽しかった。半年後に予定されている2回目の同期会が待ち遠しい。

立春を迎え、気持ちをあらたに。

2018/02/4  カテゴリ:コンサル日誌

IMG_1771

先週金曜日は、パートナーとして関わらせていただいる(株)パートナーズプロジェクト様の新春講演会・懇親会でした。私は懇親会から参加。とにかく会場はたくさんの方で圧倒されました。

企業のあらゆる課題解決に対して士業等のさまざまな専門家がワンストップで対応する。懇親会の出席者名簿を見ると、いかに当社が広いネットワークと持ち、地域に貢献されているかがわかります。当社は私の目指す一つの到達点。やるべきこと、やれることは多々あります。

平成30年ももう立春。暖か春が待ち遠しい。一日一日を丁寧に、一緒懸命に生きていきたいと思います。

経営指導員研修が終了、講師冥利に尽きる

2017/07/1  カテゴリ:コンサル日誌

中小企業大学校三条校の経営指導員向け研修が終わりました。1か月にわたるこの研修は知識をインプットする学習だけでなく、アウトプット学習として個店診断実習が行われるという充実した内容となっています。

この研修の講師をさせていただいて7年。今年はメイン講師としてかかわらせていただきました。これにともなって担当科目も増え、正直、テキスト作成など準備面での大変さはありましたが、その分受講生の方々と接触できる機会が増えてよかったと思っています。というのも、それが終盤の個店診断実習の講義を進めるうえでのコミュニケーションの円滑化に少なからずつながったと感じているからです。

研修最終日の昨日は企業への診断報告と校内発表会。診断報告もそうですが、特に校内発表会はよかった。楽しかった!

下の写真は受講生からいただいたワイン。メチャクチャうれしいです。講師冥利に尽きます。ありがとうございました!出会いに感謝しています。

 

IMG_1160

中小企業大学校の長期研修がスタート

2017/06/7  カテゴリ:コンサル日誌

中小企業大学校三条校で実施する長期研修が今週月曜日からスタートしました。この研修の受講生は商工会・商工会議所の経営指導員です。数日空きますが、6月30日までのほぼ1カ月間講義を担当します。

 

この研修に携わらせていただいて7年。今年は担当する講義が増えました。また、受講生も増えており、講義の内容のくわえてその進め方に、これまで以上に細心の注意を払っています。

 

このたび私は1日目から登壇。受講生との交流会にも参加させていただきました(楽しかった!)。研修においては講師から学ぶことは当然のことですが、私としてはそれ以上に受講生、講師、中小企業大学校の職員さんとの交流から学ぶこと。そしてその交流から人脈を築くことが何よりも大切だと考えています。というのも、この人脈が今後の経営支援活動に役立ってくるからです。また、これは長期研修に参加することのメリットでもありますし。

 

さて、今日は私の担当講義はなく、明日、マーチャンダイジングを担当します。今日は終日執筆に勤しみます。

 

IMG_1112
中小企業大学校の宿泊室からのぞむ三条市の夜景。20時近いのにこの明るさにおどろく。

仕事を、そして今後の事業展開を楽しむ

2017/04/2  カテゴリ:雑感, 事業承継, コンサル日誌

コアコンサルティングの土田正憲です。

 

今日は終日書く仕事。シラバスづくりと原稿の執筆です。

 

20170402

 

この4月から長岡市にある悠久山栄養調理専門学校で講師として登壇することになりました。教科は「フードビジネス」です。これまで携わってきた創業支援の経験が生かせることもあり、お引き受けしました。

 

今、このシラバスを作っています。作っているといってもほぼ完成していて、あとは全体調整と最終チェックだけ。ただ、セミナーや研修の講師の経験はそれなりにあるのですが、学生に教えることは初めてなので、まずはどうやってフードビジネスに興味をもってもらうか楽しみながらいろいろ思案しています。

 

そして午後は、依頼されている、事業承継計画に関する原稿の執筆。これも楽しみで楽しみで。このような仕事をいただけることに本当に感謝しています。

 

さて、明日、私が代表をしている(株)にいがた事業承継サポート室にスタッフが正社員として入社します。これまで私を含めた3名の役員とパートナーコンサルの4名で支援にあたってきましたが、より円滑な支援を提供するためにスタッフを雇うことにしました。このたび入社してくれた斉藤さんに私は期待しています。そしてなにより今後の事業展開が楽しみです。

新年賀詞交換会で刺激を受ける

2017/01/4  カテゴリ:コンサル日誌

あけましておめでとうございます。コアコンサルティングの土田正憲です。

 

2017年がスタートしました。私の今年のテーマは「チャレンジ」。常に新たなことに取り組んでいきます。

 

さて、今日は長岡市の新年賀詞交換会に出席してきました。アオーレ長岡に集まった人は2500人とのこと。たしかに大勢でした。

 

磯田長岡市長の挨拶のなかで、地方創生への取り組みの一環としての、産学官金連携による技術革新の長岡モデルの確立という話がありました。これは、長岡市内にある3大学1高専の連携と金融機関の資金力を生かして産業を支援するというものです。私は、中小企業の事業承継の円滑化と、それに含まれる技術承継は地方創生において極めて重要なことだと考えています。また、事業承継後の経営革新もしかりです。その意味で産学官金連携による技術革新の長岡モデルの確立という話は大変興味深いものでした。

 

新年の挨拶を交わすことはもちろんのこと、これにくわえて、多くの経営者にお会いすることで「新たな気持ちでがんばろう!」と思えるような刺激を受けることが賀詞交歓会に参加する意義だと感じた次第です。皆さま、今年もよろしくお願いいたします。

 

o0395031013837807227

o0322043013837807273
このたびは私が代表を務める(株)にいがた事業承継サポート室で参加。