CoreConsulting

美容室経営のコンサルティング
群馬県で農業支援のスキルアップ

2018/09/30  カテゴリ:コンサル日誌

トゴールの湯は貸し切り状態。お陰でゆっくりと湯につかり体を癒すことができた。

 

前橋市のオーベルジュ音羽倶楽部。昨日からここで群馬県中小企業診断士協会が開催するスキルアップ研修を受講している。

 

研修のテーマは「日本農業の課題と対策~農業法人の工業化事例に学ぶ」。私が代表をしている(株)にいがた事業承継サポート室は農業者に経営支援を提供している。しかしながら私は商工業者の支援が専ら。このようなことで農業に関する知識を身につけたく受講を申し込んだ。

 

2日間にわたる研修のカリキュラムは、農業政策から農業法人の事例までとマクロからミクロまでを網羅するものとなっている。一見して「難しそうだ」という印象を受けたが、一日目を終えて、たとえば制度・法律の改正については講師の考察を交えて説明されるなど実に興味深い内容だった。耕作放棄地と6次産業化に関する(株)赤城深山ファームの事例は大変参考になった。社長である高井氏の「市場を理解すること」「相手のニーズに応えることが大切」という言葉。私は常々、「経営とは顧客の要求に応えて会社を変えていくこと」と考えているので、この言葉を聞いてやはりそうだとあらためて確信するとともに、農業の経営も商工業者のそれと同じだと理解した。加えて、氏の秀でた経営感覚には高い決断力がともなっており、これが同社の成長のカギとなっていることがわかった。「断を下す」という社長の重要な役割を実践しているといえよう。

 

2日目の今日は午後に養豚業者への訪問が予定されている。極めて高い利益率を確保しているということで楽しみであるが、残念ながら台風が近づいているため午前までの受講とする。


 

コメント