CoreConsulting

美容室経営のコンサルティング

 中小企業支援施策の情報 Archives

経営計画作成セミナーと個別相談会では大いに刺激を受けた

こんばんは。中小企業診断士・事業承継アドバイザーの土田まさのりです。

3月5日・6日は荒川商工会、9日・10日は長岡新産管理センターで経営計画作成セミナーの 講師と個別相談会の相談員を、昨日は魚沼市地域振興センターで個別相談会の相談員をさせていただきました。ご依頼くださった新潟県商工会連合会様には感謝しております。

keikakusakusei

このたびのセミナーと相談会は小規模事業者持続化補助金にかかわるものです。この補助金は、小規模事業者の販路開拓(売上拡大)の取り組みを対象としています。売上をアップしたいという小規模事業者様にはぜひとも活用していただきたい補助金です。

◎小規模事業者持続化補助金の詳しくは下記URLへ
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2015/150227shokibo.htm

個別相談会では意欲ある方ばかりで相当に刺激を受けました。かくいう私も2つの事業を運営していますが、どれも小規模事業。今後の持続的な経営に向けて鋭意取り組まなければならないと思った次第です。

新ものづくり補助金を活用しよう

2015/02/22  カテゴリ:中小企業支援施策の情報

おはようございます。中小企業診断士・事業承継アドバイザーの土田正憲です。

 

6時に起き、リラックスした気分で仕事をしています。「日曜日+晴れ」ということがリラックスした気分にさせているのでしょう。

 

さて、一昨日の金曜日、ものづくり・商業・サービス革新補助金セミナーの個別相談会で相談員としての仕事をさせていただきました。

 

20150220_1 
▲長岡信用金庫様、長岡商工会議所様、NPO法人長岡産業活性化協会NAZE様の主催

 

この補助金は「新ものづくり補助金」とも呼ばれており、もともとは「ものづくり」にかかわる事業のみが対象でしたが、現在では「商業・サービス革新」も対象となっています。非常に人気のある補助金で、昨年度においては弊所も多くの相談を受けました(その中には美容室もあります)。

 

ところで、相談者の中には「とにかく補助金!」というようなスタンスあからさまの方がいます。補助金を獲得する、活用するという場合には、しっかりとした事業計画が欠かせません。くれぐれもこの点を外さないようにしてほしいと願うばかりです。

 

現時点でもすでに数件の支援依頼が入っています。

申請を予定されている企業様は、締切ギリギリの提出とならないよう早めに対応することを強くおすすめします。

ジェトロが海外展開支援を希望するサービス業を募集をしています

今、ジェトロが海外展開支援を希望するサービス業を募集しています。

対象業種には、理美容業も入っています。また、対象国は下記のとおりです。

・中国:北京、上海、広州、香港等
・韓国
・東南アジア:シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア等
・北米、豪等

支援内容を確認すると、出店予定国についての情報提供や進出に関するアドバイス、パートナー探しや現地視察。調査等のサポート、現地海外投資アドバイザーやリテイナーによるアドバイスとあります。

ある美容室のこと。オーナーのご子息がアジアに美容室を出店しました。しかしその際、言語のみならず文化などの違いからかなり苦労されたそうです。

海外展開には進出予定国についての情報収集は不可欠。まずはここからスタートとなります。海外展開を検討している理美容室は、このジェトロの支援策を活用してみることも一つの手です。

詳しくは下記のURLからご覧ください。
ちなみに、応募締め切りは2月18日(月)までです。

■ジェトロ サービス産業個別企業支援
http://www.jetro.go.jp/services/si-support/

平成24年版の中小企業施策利用ガイドブックが公開されました

2012/03/29  カテゴリ:中小企業支援施策の情報

こんばんは。
コアコンサルティングの土田正憲です。

先日、中小企業庁から平成23年版の中小企業施策利用ガイドブックが公開されました。昨年は東日本大震災の影響で公開がかなり遅れましたが、今年は例年どおりです。
★中小企業庁ホームページ
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/g_book/h24/index.html

中小企業施策利用ガイドブックは、中小企業の経営を支援する施策が掲載された冊子です。

中小企業向けに作成しているのですが200ページ以上のボリュームがありますので、まずはインデックスに目を通したうえで、関心のある施策のページを見るようにしたほうがよいでしょう。

経営に役立つ情報です。ぜひご確認を。

中小企業向け支援策ガイドブックver.03が公表されました

2011/05/6  カテゴリ:中小企業支援施策の情報

?先日、中小企業庁から「中小企業向け支援策ガイドブックver.03(拡大版)」が公表されました。

これまでのver.02に掲載されていた資金繰り面、雇用面、税制面のほかに、事業用施設の復旧・整備に関する支援も新たに盛り込まれています。

下記URLからダウンロードできますので、一度目を通してみてください。?

http://www.chusho.meti.go.jp/earthquake2011/download/EqGuidebook-ver3.pdf

中小企業向け支援策ガイドブック

起業チャレンジ奨励事業を活用しよう

コアコンサルティングの土田正憲です。

(財)にいがた産業創造機構の「起業チャレンジ奨励事業」の募集がスタートしました。

この事業は、新潟県内における創業と雇用創出を目的に、新規創業に必要な経費の一部を助成するものです。

助成対象は、事業に必要な機械設備や事業所の増改築などの事業拠点開設費、賃借料や光熱水費などの事業促進費で、100万円を上限に支援されます(2人(商店街に事業所を設置する場合は1人)以上の新規雇用を伴う場合で、必要な経費が200万円を超えた場合については、その2分の1を支援し、上限200万円となります)。

募集期間は平成23年4月21日(木)から平成23527日(金)12時まで。

創業を予定されている方は、「起業チャレンジ奨励事業」を活用してみてはいかがでしょうか?なお、詳しい内容は下記URLからご確認ください。

■(財)にいがた産業創造機構( http://www.nico.or.jp/modules/news/article.php?storyid=407

東日本大震災によって直接的・間接的に被害を受けている中小企業者様へ

2011/04/16  カテゴリ:中小企業支援施策の情報

こんにちは。コアコンサルティングの土田正憲です。

先日、中小企業庁から「中小企業向け支援策ガイドブック」が公表されました。

このガイドブックは、東日本大震災による影響で直接的または間接的に被害を受けた中小企業に対する資金繰り面や雇用面、税制面における国の支援策をまとめたものです。

下記のURLからPDF形式でダウンロードできますので、ぜひご確認ください。

中小企業向け支援策ガイドブック
▲中小企業向け支援策ガイドブックVer02(中小企業庁ホームページ)
http://www.chusho.meti.go.jp/earthquake2011/download/Financing-v02.pdf

?

経営革新計画の承認申請にあたって注意すべきこと

2011/04/13  カテゴリ:中小企業支援施策の情報

こんにちは。コアコンサルティングの土田正憲です。

今日は午前中、経営革新に関わる事業計画の作成支援でした。そこで今日は経営革新計画の承認申請について1つ。

都道府県または国から経営革新計画の承認を受けた場合、日本政策金融公庫による低利融資や信用保証の特例など各種支援策を利用できるようになります。

ただし、ここで注意すべきことがあります。

それは、経営革新計画の承認を受けた場合でも、各種支援策を受ける際には、各実施機関による審査が必要だということです。

「そんなの当たり前だろ」と思われるかもしれませんが、計画の承認と各種支援策の審査がイコールになっていると勘違いされている方もいるようです。この点を十分に理解して承認申請しましょう。

起業チャレンジ奨励事業の3次募集が始まりました

2010/12/26  カテゴリ:中小企業支援施策の情報

コアコンサルティングの土田正憲です。

さて、(財)にいがた産業創造機構(NICO)による起業チャレンジ奨励事業の3次募集が始まりました。

この事業は新潟県内において創業の促進と雇用の創出を目的に、新規創業に必要な経費の一部を助成するものです。

新潟県の発表によれば、2次募集で予定を上回る応募(35件)があったため、より多くの起業の実現に向けて3次募集を開始するとあります。また、支給案件(16件)にはサービス業、飲食店、卸・小売業の起業が多く、この中には美容室も含まれています。

3次募集の期間は平成22年12月22日(水)から平成23年1月28日(金)までです。独立して美容室を開業する予定のある方はこの機会に申請してみてはいかがでしょうか?

なお、弊所では本事業の申請における創業事業計画の作成支援を行っております。支援を希望される方はお気軽にお問い合わせください。

起業チャレンジ奨励事業3次募集
詳しくは(財)にいがた産業創造機構ホームページを確認してください
http://www.nico.or.jp/modules/news/article.php?storyid=346

中小企業魅力発信レポートを人材確保に活かそう

こんにちは。コアコンサルティングの土田正憲です。

今日は中小企業魅力発信レポートを作成しています(実は先ほど少し中抜けしてPTA関係の講演会に参加してきましたが・・・)。

さて、中小企業魅力発信レポートは自社の魅力ある情報を発信するものです。

この狙いは、人材や技術、知的資産、顧客ネットワークなど数値化しにくい「力」と、事業展開における価値の創造や将来ビジョンなどをわかりやすくまとめ、人材の確保や社内マネジメントへの活用による経営力の向上を図ることです。また、レポートを求職者に提示し、採用企業と求職者のミスマッチを解消するねらいもあります。なお、レポートは「魅力発信レポートWeb( http://miryoku.smrj.go.jp/ )に掲載され、広く公開されます。

現在、中小企業基盤整備機構では中小企業魅力発信レポートの作成を希望する企業を募集しています。レポートの作成にあたっては専門家が支援するうえ、企業の費用負担はありませんので、優秀な人材を確保していきたいという企業は、この機会に申し込むことをおすすめします(採否の審査があります)。なお、募集内容の詳しくはこちらのページ( http://j-net21.smrj.go.jp/watch/news_tyus/entry/20100818-09.html )をご覧ください。ちなみに、私も専門家としてレポート作成を支援しています!