CoreConsulting

美容室経営のコンサルティング
乙武さんのお話

2012/05/19  カテゴリ:プライベート日記

こんにちは。
コアコンサルティングの土田正憲です。

昨日、アオーレ長岡で乙武洋匡さんの講演を聴いてきました。

今回の講演はスポーツを通じた青少年の健全育成について、乙武さんのお話しで2つ印象に残ったことがあります。

まず1つ目は「みんなちがって、みんないい」ということ。

これは昨年、ACのCMとして放映されていた「こだまでしょうか」を書いた金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」の一文です。金子みすゞ記念館のホームページから全文が見られますので、ぜひ読んでみてください。
★参考:金子みすゞ記念館ホームページ
http://www.city.nagato.yamaguchi.jp/misuzu/column.html#watashito

子供たちにはそれぞれ得意なことと不得意なことがある。でも、それでいいということです。乙武さんは小学校の先生をしていた頃、さまざまな形のピースを合わせて1つにするジグゾーパズルのようなクラスを目指していたそうです。

そして2つ目は、絶対に失敗しない方法は何も挑戦しないこと。

これも小学校の先生をやっていた時のことですが、子供たちに「今日はこれをやるよ!」と言うと、決まって「え~、できな~い」と返ってきたそうです。まだ何もやっていないのに。乙武さんは、挑戦することで成功や失敗などいろいろな経験をして成長できる、とおっしゃっていました。

今回の講演では、乙武さんは青少年の育成についてお話をされたわけですが、私としては、2人の娘を育てる親として、そして自分自身の仕事や人生のことについても大きな気づきを与えていただいた感じがしています。「いい講演だったな」で終わらせず、実践に結び付けていきたいと思います。
でも、本当にいい講演でした。


 

コメント