CoreConsulting

美容室経営のコンサルティング
サロンルールをつくる

2010/08/27  カテゴリ:美容室の運営管理

コアコンサルティングの土田正憲です。

最近、美容(室)業界においてサロンルールをつくる動きがあるようで(おそらく業界誌の影響)、弊所も現在、複数の美容室からサロンルール作成支援の依頼を受けています。

美容室がサロンルールをつくる場合、次の3つの点を押さえることがポイントとなります。

1.目的を明確にする
まずは、何のためにサロンルールを作るのか?という目的を明確にすることが重要です。

2.経営理念・経営ビジョン・サロンコンセプトとの一貫性を保つ
サロンのあるべき姿や方向性、行動指針などを表す経営理念・経営ビジョン・サロンコンセプトとサロンルールに一貫性がないと、スタッフが混乱してしまいます。

3.スタッフに気づきを与える内容にする
あれもダメ!これもダメ!というような禁止事項ばかりを盛り込んだルールとせず、スタッフに気づきを与えるような内容とします。禁止事項ばかりだとスタッフが委縮していまい、さらにはモチベーションの低下を招くおそれがあります。

上記のほかにも、オーナーの主観が入り過ぎてしまうケースがしばしばありますので、スタッフの意見を取り入れたり、第三者から客観的な意見をもらうようにすることが大切です。

これからサロンルールをつくろうと考えている美容室様は、これらの点に留意して取り組みましょう。


 

コメント