CoreConsulting

美容室経営のコンサルティング
定期的な情報発信で「つながり感」を醸成する

2009/10/22  カテゴリ:美容室のマーケティング

コアコンサルティングの土田正憲です。

昨日は地域力連携拠点のコーディネーター業務を終えた後、支援先美容室に訪問。スタッフミーティングに参加し、年間計画の実行管理について指導してきました。

ところで、私の娘が通う中学校では、学校における今日の出来事や明日の予定、生徒への配布物などの情報を、毎日、携帯メールで配信しています。下の文章は一昨日配信されたメールの内容です。

【ここから】————————————————
◆本日、1年生が総合学習で職業講話を行いました。ハローワークの方に来ていただき、働くことについての話をしていただきました。1年生は12月に職業見学を行います。今後、今日の講話を生かしながら職業学習を進めていきます。◆明日は火曜授業で、朝、国語の基礎テストを行います。放課後は常任委員会があります。スクールバス1便は16:40です。
【ここまで】————————————————

見てのとおりシンプルな内容ですが、娘が中学校でどんなことをやっているのかがわかるため、親としては大変助かります。また、定期的に情報が届くことから、緩やかながら学校との「つながり感」を覚えます。

さて、これは中学校のことですが、メールの内容と文章表現はさておき、情報を定期的に発信することによって「つながり感」を醸成することに関しては、美容室においても参考になる例だと思います。

もちろん、学校から親に配信する場合とは違って、お客様に対して携帯メールを毎日送れば迷惑になりますから、それは出来ませんが、ブログにかえて情報を発信することはなら問題なくできるはずです。


 

コメント